バストアップの方法とその種類、メリット、デメリット

①豊胸手術

 201981

豊胸手術のメリット

  • 確実にすぐに効果がある方法。
  • 持続性がある。

豊胸手術のデメリット

  • 費用は100万円~200万円くらいかかります。
  • 体にメスを入れることになるので負担が大きい。
  • メンテナンスが必要

②ヒアルロン酸の注入

444781

ヒアルロン酸注入のメリット

  • 確実にすぐに効果がある
  • 豊胸手術より体への負担が軽い。

ヒアルロン酸注入のデメリット

  • 料金が高め…20万円~50万円
  • 効果は永久ではなく1ヶ月から2年でヒアルロン酸が吸収されてしう。
  • そのため定期的にヒアルロン酸注入をする必要がある。
  • 胸の大きさが左右で違う、皮膚が壊死するなどの失敗事例もある。

③バストアップサプリメント

 105996

バストアップサプリのメリット

  • 料金が手頃なので継続しやすい。(5,000円~10,000円ぐらい)
  • サプリを飲むだけなので時間がかからない。
  • 体への負担が軽い。

バストアップサプリのデメリット

  • 3ヶ月以上、継続することで効果が出てくる。
  • 過剰摂取による副作用もある。

④バストアップクリーム

201708

バストアップクリームのメリット

  • 料金が手頃なので継続しやすい。(5,000円~10,000円ぐらい)
  • 体への負担が軽い

バストアップクリームのデメリット

  • 3ヶ月以上、継続することで効果がでる。
  • 毎日、クリームをぬるのがやや面倒。
  • 副作用がある。

⑤バストアップDVD+教材

 400562 165859

バストアップDVD+教材のメリット

  • 初期費用15,000円~40,000円ですむ。
  • 体への負担が軽い

バストアップDVD+教材のデメリット

  • 継続することで効果は出る.
  • 毎日、継続がしにくい。

⑥バストアップ補正下着

 413627

バストアップ補正下着のメリット

  • 初期費用10,000円~30,000円ですむ。
  • 体への負担が軽い

バストアップ補正下着のデメリット

  • 3ヶ月以上の継続が必要
  • 体をしめつけるので圧迫感がある

コメントは受け付けていません。